読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケルン集団暴行事件 日本の報道を検証する(5)

ケルン集団暴行事件

4.「イスラム系」の「難民」による「性的暴行」?

 

 今回は予定を変えて、州議会での内務省報告についてのツァイト紙のニュースを紹介する。

Kölner Silvesternacht: Eskaliert ist es von allein | ZEIT ONLINE「ケルン大晦日 エスカレーションは自発的」

Wie fand sich die Gruppe der Täter zusammen? Das Innenministerium sieht keine gesteuerte Aktion: Es gebe "deutliche Hinweise" darauf, "dass die Straftaten von unterschiedlichen Tätern/Tätergruppen begangen wurden." Ein solcher Hinweis könnte sein, dass die Täter in unterschiedlichen Städten wohnen und aus unterschiedlichen Ländern stammen. Keiner der bislang 30 identifizierten Tatverdächtigen hat einen festen Wohnsitz in Köln: Etwa die Hälfte von ihnen wohnt in anderen Städten in NRW, die andere Hälfte hat keinen festen Wohnsitz. Die Personen sind 16 bis 32 Jahre alt. 13 von ihnen sind Marokkaner, 12 sind Algerier. 15 haben einen Asylantrag gestellt.

(訳)犯人グループはどのような構成だったか。内務省はそれがコントロールされた行動であったとは見ていない。犯罪行為が様々な犯人・犯人グループによって行われた「明確な兆候」があるとしている。その様な兆候のひとつが犯人達が異なった都市に居住しており、異なった国の出身であるということである。これまでに身元が判明した30人の容疑者のうちケルンに定住しているものは誰もいない。約半数はNRW州の別の都市に居住し、もう半分は住所不定である。年齢は13歳から32歳、13人がモロッコ人、12人がアルジェリア人である。15人が難民申請者であった。

  目立つのはモロッコ人とアルジェリア人の多さである。彼らは既に2011年から主にスリ、窃盗犯として警察からマークされる存在になっており、ドイツに不法滞在する者の中でもとりわけ高い犯罪率を示している。その理由として、彼らの多くが金を稼ぐために家族から送り出された若者であり、そのような若者がヨーロッパ各地からデュッセルドルフ・ケルン周辺に集まり仲間を難民収容所からリクルートしているという。

 それらの国からの難民申請者が難民認定をうける率は3%程度でしかなく、彼らは語学コースを始め公的な援助を受ける事ができず、犯罪に関わるようになる。しかし出身国が受け入れを拒否しているため送還することもできない。また彼らが性的犯罪を犯すという例は殆ど知られていない。(Warum viele Marokkaner unter Verdächtigen in Köln sind - Panorama - Süddeutsche.de「なぜ多くのモロッコ人がケルンの容疑者の中にいるのか」Köln-Übergriffe: Sozialarbeiter über straffällige Nordafrikaner - SPIEGEL ONLINE「ケルン暴行事件 犯罪を犯す北アフリカ人についてソーシャルワーカーが語る」)

 

Im WDR beschrieb ein Marokkaner, der seit drei Jahren in Köln Taschendiebstähle begeht, die Situation so: Man habe sich mit 70 bis 80 Personen im Stadtteil Kalk getroffen und sei dann zum Hauptbahnhof gefahren. Zumindest ein Teil der Täter scheint also aus der Kölner Taschendiebszene zu stammen. Allerdings führt die Polizei eine umfangreiche Datenbank über diese Szene: Die "Nafri"-Datei enthält laut Innenministerium Daten zu mehr als 21.000 Straftaten und 17.000 Personen Nordafrikanischer Herkunft. In dieser Datei ist aber nur einer der nun Tatverdächtigen verzeichnet. Keiner der Täter ist als "Antänzer" bekannt. Als einer jener Diebe also, die ihren Opfern nahekommen, um sie dann gezielt zu bestehlen. Eine Masche, die besonders in Köln üblich ist.

(訳)3年前からケルンでスリ行為をはたらいているモロッコ人はWDR(西ドイツ放送)で状況を以下のように描写した。(訳注・ケルンの)カルク地区に70人から80人が集まり中央駅に向かった。少なくとも犯人の一部はよってケルンのスリグループに属していたと見られる。しかし内務省は彼らについての詳細なデータバンクを持っており、21000件以上の犯行と17000人以上の北アフリカ出身者のデータがあるが、容疑者の内それに記録されているのはただ一人である。またケルンでよく見られる手口である、狙いを定めて近づき盗みを働くいわゆる”Antänzer“(訳注・盛り場で陽気に騒ぎながら近づいて抱きつき踊る振りをしながらスリをする)と知られている者はいない。

 

f:id:Fondriest:20160129211136p:plain

被害者の構成 告発818件 犯行1072件中 女性79%男性18%不明3%

 

Der Marokkaner berichtet dem WDR weiter, seine Gruppe habe sich dann am Hauptbahnhof laut auf Arabisch unterhalten, was dazu geführt habe, dass sich immer mehr Arabisch sprechende Menschen angeschlossen hätten. Viele hätten die Gelegenheit zum Klauen genutzt, dann hätten einige "Mädchen begrapscht" und die Sache sei "völlig ausgeartet". Das deckt sich mit der Darstellung des Ministeriums. In dessen Bericht heißt es nüchterner: "Sehr wahrscheinlich" hätten "gruppendynamische Prozesse und Abstimmungen die jeweiligen Einzel- und Folgetaten" beeinflusst.

(訳)WDRの放送のそのモロッコ人によれば、彼のグループは中央駅でアラビア語で大きな声で会話していたが、すると次第に多くのアラビア語を話す者達が集まってきた。多くがその機会を盗みに利用したが、そのうち何人かが「女の子に触り始め」、それが「暴走した」。これは内務省の描写と一致している 報告では無味乾燥な表現で「集団力学的な過程と調整がその都度の個々の犯行とそれに伴う犯行に影響を与えた蓋然性が非常に高い」と述べられている。

f:id:Fondriest:20160129211225p:plain  時間帯による犯行発生件数 赤が性犯罪、グレーがそれ以外

 これを見れば犯行は11時間の時間間隔に及び、何百もの件数があったから広場の「1000人」の多くが犯人だったなどというのが妄言だとわかる。また性的暴行よりも窃盗等の被害報告の方が多いことに注意。

 

Eine Auswertung der in diesem Bericht aufgelisteten Strafanzeigen zeigt auch, dass es schon früh in der Nacht sexuelle Übergriffe gab. So wurden allein zwischen 23 und 23.30 Uhr 52 Sexualdelikte begangen. Also beinahe zwei in jeder Minute. Ungefähr um diese Zeit räumte die Polizei den Bahnhofsvorplatz, um eine mögliche Massenpanik um Mitternacht zu verhindern. Nach Mitternacht öffnete die Polizei das Areal wieder. Danach erreichte die Frequenz der Straftaten laut der nun vorliegenden Anzeigen ihren Höhepunkt.

(訳)報告書中の告発の分析から分る事は。既に早い時間から性犯罪が発生し23時から23時半の間だけで52件に達した。すなわち殆ど1分あたり2件である。ほぼこの時間に24時の集団パニックを防止するため警察は駅前広場から群集を排除した。真夜中過ぎに警察は再び広場を開放した。届けられた告発によればその後に犯行はの頻度は最大になった。

 

Waren die Taten sexuell motiviert oder ging es eher um Bereicherung? Offenbar ist das von Täter zu Täter unterschiedlich. Hundertfach wurden Frauen sexuell genötigt, ohne dass sie auch beklaut wurden. Und ebenfalls hundertfach wurden Passanten bestohlen, ohne dabei sexuell angegangen worden zu sein.

(訳)犯行は性的な動機によるものか、それともむしろ金銭を狙ったものだろうか。明らかにそれは犯人ごとに異なっている。何百人もの女性が何かを盗まれる事なく性的強要を受けた。そして同じく何百人もの通行人が性的な嫌がらせを受けることなく盗みにあった。

 記事で引かれているWDRの放送では犯罪学者が、これまで発表された事実からして今回の犯行が性的な目的よりも物品を標的として行われており、被害者に触ることはそれで被害者の注意を引くための典型的な手口であるとコメントしており、警察のスリ担当班、モロッコ人コミュニティの人間も同様の見方をしているとして、内務省の性的な目的がメインの新しい現象であるという見解に疑義を呈している。 

 これからさらに容疑者の数が増え新しいディテールが追加される事が考えられるが、これまでの情報からすると、この事件を「難民」、「イスラムの女性蔑視」、「集団性的暴行」などといった表現で捉える事に大きな疑問符が付くだろう。まず一言に「難民」といっても、難民、難民申請者の区別も含め、その中に様々なグループ、社会的背景を持つ者が存在するということである。その様な差異に注意することなく「難民」と一括りにした上で「全ての難民がそうではない」と言ってみても空疎な建前以上のものではない。また以上のような犯行の手口、経過だとするならば、「イスラムの女性蔑視」、「集団性的暴行」という見方は、勿論それを持って事件の背景を分析する事はできても、この事件の直接の原因、描写としては不適切になるだろう(念のためだが、私は性的被害を無視、軽視して良いと言ってるのではない)。ましてここに「文明の衝突」を見ることがいかに粗雑で浅薄な反応かは言うまでもない。我々が考えるべきなのは「文明の衝突」ではなくエドワード・サイードのオリエンタリズムの方であり、「野蛮なあいつらはいつも我々の女を狙っている」という偏見の持つ我々の野蛮さではないのだろうか。

(追記 2月19日)

2月15日に追加報道があった。Köln-Übergriffe zu Silvester: Polizei ermittelt gegen 73 Verdächtige - SPIEGEL ONLINE「大晦日のケルン暴行事件 警察は73人の容疑者を捜査」容疑者の数は73人に増加したがその構成はやはり大多数がモロッコ、アルジェリア系で、容疑の大半も窃盗、スリであることに変化はない。

 

(おまけ)

 思ったとおりのブクマコメントがあり爆笑したのでコメントしておく。

id:oktnzm

普通、新聞言うたら紙だろ…。"私の調べた限り"をスルーしてるしバイアスのかかった検証。沈黙の原因を警察発表の遅れとみなせる寛容さがあるなら、マーンのミスも単にドイツ語の不得手とみなせばよかろうに。

 実は、マーンの「ケルンの知人」が言ってるのは紙の新聞のことだという解釈については、前回の記事で意図的に書かなかった(笑)。そもそも紙版に限定して報道の有無を問題にする事はただそのマーンの知人の発言の正誤にしか関係しない。私はケルン在住ではないので紙版の新聞は確認していない。だが経験上ネットの記事と印刷版の記事に大きな違いはないし、挙げた記事の全てがオンライン版のみであったという可能性は極めて低い。勿論ベルリンの連邦図書館に行けば確認できるが、それはoktnzm の方がすべき仕事だろう。検証を期待している。そして言うまでもないが、少しでもものを考える事ができれば、それはマーン擁護にはならないことがすぐに分る。実際に紙の報道はなかったと仮定してみよう。まず、その理由をメディアの自主規制とするなら、彼らはなぜかその後も残り簡単に見つけられるネットでは報道したというおかしなことになる。では一万歩譲って仮に社内で報道賛成派と反対派で激しい戦いが起こり(全てのケルンの新聞社で!)、反対派はなんとか印刷は阻止したがネットには流されてしまったという劇的な展開があったとか、ひょっとすると単なるうっかりミス(てへペロ)ということにしよう。ところがそれでもマーンが4日以前に地方メディアではネットで報道があったことを知っていながら、「知人によるとケルンで(紙の)報道はなかった」という言明を逆接も留保もなくさらに「紙の」という重要な限定もなく記事中のそこに入れたことが説明できない。

"私の調べた限り"をスルーしてる

 してないからこそ彼女がアクセスしたサイトにある記事を「見つけることができなかったのは非常に不思議な事だ」と書いたのだが。それとも「マーンちゃんよく頑張って調べたね。でもこれを見逃してるよ」と書けばよかったのだろうか。

寛容さがあるなら、マーンのミスも単にドイツ語の不得手とみなせばよかろうに

 私の主張に寛容さなど無関係だが、仮にメディアに対して寛容だとしてその寛容さをマーンに適用する理由がない。何十年もドイツに住みドイツについて多くの本を出版している「作家」である彼女に失礼だからドイツ語が不得手などとは思わないが。恐らく彼女自身も「私がドイツ語ができないなんて失礼な!分ってるからこそ捏造できるんです!」とお怒りになるだろう。それでoktnzm自身はメディアに不寛容だから、その不寛容さをマーンにも適用して「この職業デマゴーグめ!」って言ってくれるんだろうか。ああでも「放火」は原文にないんだからドイツ語関係ないよね。

 

(追記)

さて id:oktnzm は予想通り何が問題かを理解できずマーンが仕掛けたデタラメにすがるしかできないわけだが、実はベルリンに行かなくとも記事をチェックする方法があるのである(笑)。GENIOS https://www.genios.de/ というサイトがあり主な新聞、雑誌記事をアーカイブしている。ただし有料である。こんな愚か者のために1€たりとも使う気はないし記事の存在だけが問題なのでそこの検索画面のキャプチャー画像を上げておく。

f:id:Fondriest:20160201164841p:plain

f:id:Fondriest:20160201164935p:plain

f:id:Fondriest:20160201164957p:plain

 小さくて読みにくいようだがこれ以上手間かけるもの馬鹿らしいので疑う方は自分で検索していただきたい。

 

(追記2)

confi また難民申請者が人を襲ったなんてデマだマーンは嘘つきだとか暴れまわってた奴(日本在住。ドイツネイティブなのか不明、ドイツ人が一般的に受け取ってる情報の内一部のみ援用)が口汚く罵ってるね

  ネットで相手の居住地が分ると言う超能力者らしい。勿論ハズレだが。そして「難民申請者が人を襲ったなんてデマ」なんて私は主張していない。これも妄想である。