読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケルン集団暴行事件 日本の報道を検証する(2)

2.メディアは「沈黙」したのか?

マーン記事によれば

難民の男性たちが関わっているだろうと皆が思っているが、報道ではそれは伏せられ、今のところ 「捜査は難航し、犯人は特定されておらず、動機もわからない」とか。

 「関 わっている」という表現にも「配慮」が感じられるが、皆が思えばそれだけでその憶測が報道されるべきだというのだろうか。なお外見的な情報から難民だと結 論する事など勿論できない。トルコ系を始めとして非白人でドイツ国籍を持っているものは特に大都市では珍しくない。

 ここでまず二種類の「沈黙」を区別するべきである。ひとつは事件の存在そのものについてであり、もうひとつは犯人の属性についてである。前者についてメディアの沈黙は被害者の存在を考えれば許されるものではない。だが後者は別である。犯人についてその宗教、出自などはそれらが犯罪行為と直接関係したものでない限り報道するべき必然性はない。それは場合によってはマイノリティに対する偏見を助長する事にしかならず、被害者の救済とも無関係である(被害者が差別主義者でない限り)。ましてや容疑者も確保されていない段階で不確実な情報で属性を公表する事になんらメリットはない。それを許されない沈黙だと考えるのは、それをもって差別扇動を目論む者だけである。正に彼らの要求事体が安易な公表をするべきではない理由なのである。

  よってここでは前者の意味での「沈黙」だけを問題にする。マーン記事だけでなくこれに言及している記事は、既に挙げた難民のせい? ドイツの集団性的暴行が大波紋(木村正人) - 個人 - Yahoo!ニュース であり、

政治家もメディアも警察も事を荒立てるのを恐れて、事件について口を閉ざしました。事件を報じなかった公共放送はソーシャルメディアで謝罪しました。

また同じ筆者のケルンの集団性的暴行で激震に見舞われるドイツ 揺れる難民受け入れ政策 | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトでも

移民排斥を恐れ報道自主規制 

ドイツではイスラム排斥を公然と唱える極右勢力が不気味な広がりを見せ、昨年、難民の施設を狙った放火などの犯罪行為が887件も起きている。ケ ルンの集団性的暴行をニュースで取り上げれば、難民排斥の口実に使われるという自粛の心理が人権派ジャーナリストや政治家に働いたのだろう。

 これらの記述はCologne sex attacks: Search for answers - BBC News

Is there a taboo about the perpetrators?

Soon after reports emerged that the men involved were of Arab or North African appearance, anti-immigration campaigners seized on the incident as an example of Germany's failed asylum policy.

Some suggested Germany's media had been hesitant to report on the attacks for fear of stirring far-right sentiment, after the arrival of more than a million migrants and refugees in the past year.

Public broadcaster ZDF later apologised on social media because it failed to report on the mass assaults on its Monday evening news bulletin.

 が元ネタではないかと推測されるが、具体的な記述はドイツ公共放送のZDFが謝罪したということに留まる。その謝罪を実際に見てみる。ZDF heute - タイムラインの写真 | Facebook

Warum die heute 19Uhr-Sendung am Montag nicht über Köln berichtete.

"Die Nachrichtenlage war klar genug. Es war ein Versäumnis, dass die 19-Uhr-heute-Sendung die Vorfälle nicht wenigstens gemeldet hat. Die heute-Redaktion entschied sich jedoch, den geplanten Beitrag auf den heutigen Tag des Krisentreffens zu verschieben, um Zeit für ergänzende Interviews zu gewinnen. Dies war jedoch eine klare Fehleinschätzung.

(訳)なぜ月曜日19時の”heute”(番組名)放送でケルンについて報道がなかったか。

 ニュースの情勢は十分に明確だったにもかかわらず19時のheuteでその事件を全く報道しなかったことは怠慢でした。heuteの編集局はしかし予定されていた放送を、補足的なインタビューのための時間を確保するために危機対応会合の今日へと延期することを決定したのですが、これは明らかに誤った判断でした。

 すなわち、BBCの記事にはきちんと言及されているようにZDFの謝罪は全国メディアが報道を始めた14日の夜のニュースに取り上げなかったことについてであり、それまで報道しなかったことではない。つまりZDFは事件発生から14日 まで報道をしなかったという誤りを認めたのではない。勿論、その弁明を疑うことは可能でありそれは「自主規制」だったのかも知れない。だが他のメディアが 一斉に報道する中での「自主規制」など意味を成さないだろう。事件の重要性を過小評価して後回しにしたというのも十分あり得る事である。

 そもそも1月4日以前に報道がなかったというのは明らかな誤りである。ネオナチ・PEGIDAに典型的な ”Lügenpresse”(「嘘報道機関」、ネトウヨの言ういわゆる「マスゴミ」と同じ)というデマである。日以前に既に以下の報道が為されている。

 In der Silvesternacht: Frauen am Kölner Hauptbahnhof sexuell belästigt - Köln - FOCUS Online - Nachrichten

Unruhige Silvesternacht in Köln: Frauen am Hauptbahnhof belästigt – Beinahe Massenpanik am Dom | Köln - Kölnische Rundschau

Köln: Serienweise Übergriffe auf Frauen am Bahnhof

Hauptbahnhof Köln: Übergriffe auf Frauen - Polizei nimmt fünf Männer fest

http://www.ksta.de/koeln/-sexuelle-belaestigungen-sote-in-der-silvesternacht-,15187530,33047730.html

(注 ブコメで間違ったリンクを張っていたことに気づきました。こちらが正しい)

Etliche Übergriffe auf Frauen zu Silvester in Köln - Panorama - Süddeutsche.de

 他に見つけることができなかったがいくつか報道があったそうだが、これらだけでもメディアが「沈黙」などしていない事を示すに十分だろう。

(この項続く)